三者協議決裂の実相

毎度の事ながらペロペロ欲求全開でのおやつ争奪戦となるチュール祭りを見ていると、斯様な瑣末事とは比べるべくもない国家間の問題解決のための三者協議とかが、しばしば決裂する理由が何となく理解できちゃうんですよ。

例えばお互い何ひとつ譲らずに妥協することなく己の主張を押し通すところとか、すぐに相手の動きを制したりそれに先んじようとして実力行使に出ちゃうところとか、どれも笑っちゃうぐらい示唆に富んじゃってるんだよね。

それって国家が猫に似てるからなのか、はたまた猫が国家に似てるからなのかどっちだ…

全豪オープンテニス

こちら全豪オープン女子シングルス準決勝での大坂なおみ選手とセレーナ・ウイリアムス選手との試合に心震わされ、にわかテニスファンになっちゃったお方。

でもなぜか憧れてるのは、ボールを拾うためコート上を所狭しと走り回るボールボーイだそうです。選手観てたんじゃないんかい!

呉越同舟

呉人や越人と目されるグループ同士ですが、ここであえて危機感煽って協力し合うようにするつもりが最初から見事に一致団結して寝てるので、国境紛争とかなくて平和なこの方達に孫子の教えは要らないと思う。

驚異の立位体前屈野郎

はなから問題外の院長を除きスタッフの体力測定じゃどの項目も毎度ハイレベルな記録が続出ですが、数年前に達成されたこの立位体前屈の記録だけはまだ誰にも破られてません。

こんな人間技とは思えない(どっから見ても猫技です)驚異の身体能力見せつけといて、測定後のこの涼しい顔した余裕たっぷりのポーズは嫌味としか言えません。

兄妹喧嘩

おもちゃで遊ぶのはオレが先だ!いやアタシが先だ!と、フーフー!シャーシャー!口喧嘩が喧しいのです貴方達。

挙げ句の果てに取っ組み合って棚から落としたテレビのリモコン、壊れちゃいましたけどどうしてくれるの。

一番乗りの常連

おやつの気配を察知するや否や他に先んじてすかさず好位置をキープする、テストステロン出まくりの競争心丸出し男子2名。

そんな毎度の一番乗りの動機はと言えば、さしずめマズローの欲求5段階説なら第4段階の承認欲求って言いたいとこだけど、この両名じゃどっから見ても第1段階の生理的欲求だわな。

優越感とか名誉欲みたいな高次の欲求じゃないただの食い意地。アドラーさんは承認欲求なんか捨てろ言うてるからまいっか。

父親似それとも母親似

両親の遺伝子をきっちり半分づつ受け継いでるからって、顔の柄にそれがそのまま反映される訳じゃありませんよ。

だからってこの見事な非対称具合ときたら、柄の配分に両親の主張の強さの違いが反映されちゃってて笑えますの。

父親も母親もうちのスタッフなので毎日見てますけど、母親の方が威張ってて明らかに女性優位。そのまんまです。

トイレ中は覗いちゃだめ

トイレで用足ししている間に、代わる代わる覗きに来た不届き者をこっちも盗撮してやりました。迷惑防止条例違反と軽犯罪法違反のどっちもどっちの争いというか、なんか目糞鼻糞っぽくなっちゃいましたけど、兎にも角にもおまえら全員ストーカーかよ!

ブラジリアン柔術

休憩時間の男子スタッフの間では、専ら格闘技ごっこがブーム。お得意のリアネイキッド・チョーク別名バックチョークが見事に極まってますけど、あんたらそうやって絞め技ばっかりでお互い落としまくってたら、そのあと仕事にならんだろ!

領有権問題勃発

スタッフ同士のトラブルとあらば、雇用主としては間に立って仲裁だろうと調停だろうと何だってしますけど、とりあえず一言言わせてもらうなら「ちっちゃい方のおまえ!マジでそんなもん手にしたってどうもならんやろ!でっかい方に譲ったれ!」